e-Mammon

物欲過多な僕がの欲しがりブログ。

7インチタブレット本当はどれがいい?ふんわり考えてみた。

Nexus7



各所で話題の7インチタブレットが僕も欲しいのです。
だって便利そうじゃないですか。
君はタブレットを何に使うのって、小説とか漫画とかたまには動画とか見たりしたいじゃないですか。
ブログの更新とかしたいじゃないんですか。
小粋にネットサーフィンとかしたいじゃないですか。
スマホだと正直見づらいサイトとかいっぱいあるし、このサイトもそうだし。

でも決してビジネス用に使い倒そうとか、本格的に作業用にしようとかって感じではなく、あくまでもおもちゃ感覚で欲しい。
邪道かもしれないけど、ちょっと生活を楽しくしたい感じで欲しい。

現行出ている機種をおさらいしてみると、

wifiモデルだと
Nexus7iPad miniKindle Fire HD

3G/4G(LTE)回線対応だと
iPad mini(LTE対応版)GALAXY Tab 7.7 Plusから始まってAQUOS PAD SHT21MEDIAS TAB UL N-08D等。

僕のスマホ(ちなみにAndroid)はテザリングできるのでとりあえず、wifiモデルの製品だけで考えたいと思います。
スペック比較なんかは今更の話題過ぎて、ここより詳しいサイトさんがあると思うので一旦省いて考えてみようと思います。

さてまずはiPad mini。

iPad mini

なんといっても流行りのアップル製品。
持っていればスターバックスでキャラメルフラペチーノとか飲みながらドヤ顔出来ますからね。

それにしても、Retinaディスプレイではないんですねー。
きっとRetinaディスプレイにするとお値段がお高くなってしまうのでしょうけども。
けどやっぱり残念な部分ではあります・・・。

アプリはiPad用アプリを使用できるのでアプリ数が少ないなんてこともないですからいいですよね。
iPad用アプリも便利なものがたくさんありますし。
しかし、以前あったGoogle Mapsがなくなってしまったのが痛いところ。
僕はスマホでGoogle Mapsよく使うんですが、7インチタブレットだったらと思うことが結構あるんです。
散々言われていますが純正のマップアプリがまだまだ使い物にならないようなのでここがネックではありますが、アップルストアには有料、無料ありますが良い地図アプリが出ているようです。
このあたりを活用すれば地図アプリについては解決しそうですね。

さてさて、iPad miniのwifiモデル版をアップルストアのお値段で見てみましょう。

16Gで28,800円、36Gで36,800円、64Gで55,800円。

うーん、僕のお財布では16Gで手一杯な感じです。
実際そこまでフル活用するかと言われれば微妙ですし、僕は16Gで十分な気もします。
(貧乏人の負け惜しみではない。)

しかしなんといってもApple。
デザインもさることながら魅力のある製品だと思います。
Apple製品はAndroid等と違ってハードからソフトまでAppleが作っているということもあって洗練されていると思います。
やはり快適さを求めるならiPad miniかなと言ったところ。

カスタマイズ性はないですが、ユーザーのこちらが迎合していけばすごく便利に使えるはずです。。
ある程度はアプリでも対応できますし。

次にNexus7

ASUS製造・Google販売の純正Androidタブレット。
もう響きがいいですね。純正タブレット。

Androidは色々な端末に乗るOSなので既に多様なサイズの端末が出ています。
そういえばAndroid搭載の腕時計なんかも出ていましたね。

I’m Watch

最近では家電もAndroidが搭載される時代ですからね。
ハイテクは進んでいくんですねー。

腕時計は置いておくとして、やはりAndroidの強みはカスタマイズ性でしょうか。
ウィジェットやライブ壁紙など素敵にカスタマイズできるところが強みだと思います。

まぁ実際使っていけばそんなこともしなくなってくるんですけどね。
使えたらいいやみたいな感じ。

とはいえなんだかんだウィジェットは便利。
iPhoneを使っている時に少しそこが不便に感じてしまいますからね。
Nexus7のweb上の評判も上々なので期待はできそうです。

あとは、また地図アプリの話になってしまいますが、Googleマップのオフライン対応がされていないということなのでテザリングで使用する僕としては少し不便な気もします。
別の方法で対応出来るようではあるようですが、少し気になってしまいました。

では、お値段です。
Google Playでのお値段比較ですね。

16Gが19,800円、36Gが24,800円。

今回も16Gで判断します。
iPad miniと比べて断然安いですね。
2万円で買えるんですから遊び用としてはお手軽で満足できそうです。

痒いところに手が届かなければ伸ばせばいいって感じでカスタマイズして使い込んでいけばかなり便利そうです。

これはわからなくなってきました・・・。

最後はKindle Fire HD

最後はKindle Fire HDです。
謳い文句が世界で最も売れている7インチタブレットの後継機種ですからこれは期待できそうです。

OSはAndroid4.0をベースにAmazonがカスタムしたOSが搭載されています。
基本的にはAndroidOSと考えて問題ないと思います。
中のUI等が違ったりする感じでしょうかね。

あとはGPSがないってのは少しネックですね。
ただHDMI出力付きなので大画面でも楽しめるってのはいいかもしれません。
使うかはわからないですけどね・・・。

アプリに関してはGoogle Playでのダウンロードはできない様子。
しかしAmazon Android アプリストアで人気アプリ等も購入可能なので特に困ることはないと思います。

さてお値段です。
今回はAmazonで見てみましょう。

16Gが15,800円、36Gが19,800円。

Nexus7より更に安い!

しかしスペック等を考慮すると妥当な値段かもしれないです。
特別性能がいいわけではないですからね。
ただおもちゃとしては申し分ない程度に遊べるのではないでしょうか。

考えた結果

どの端末でもKindleアプリが使えるので電子書籍等は比較対象にならなさそう。

僕の独断と偏見で考えるなら、Nexus7が一番値段と性能のバランスが良さそうな気がしました。
KindleFireだと物足りなさそうだし、iPad miniだとおもちゃにするには少し高い気がします。

総合した結果今回僕はNexus7で考えようと思います。

しかしこれからまだ悩むとおもいますけど・・・。



最近の人気記事